ジェネリックプロペシア

薄毛治療薬として、話題プロペシアですが、ジェネリック版も存在します。

 

プロペシアのおよそ3分の1程度の価格で入手できるのですが注意が必要です。厳密にいえばプロペシアの特許は切れていませんので、ジェネリック医薬品は存在しないのですが、インドなどの特許の取り扱いが特殊な国でのみ、プロペシアの有効同成分のフィナステリドを配合した、プロペシアのジェネリック版としてフィンペシアやエフペシア、フィナロなどが発売されいます。

 

実際プロペシアと同じ有効成分フィナステリドを配合しているため、AGAに対してプロペシア同様効果はあると思いますが、やはり製造されているのがインドなど途上国の製薬メーカーが中心となっていますので、その製造工程については、若干の不安はあります。

 

AGA治療は長期にわたるため、やはり薬価が安いのは魅力のひとつですが、品質面でのリスクが高まることを踏まえ選択する必要があります。

 

 

 

薄毛に効果的なプロペシアとミノキシジル

人の髪の毛は、1日に100本程度抜けるというのが、普通だと言われています。しかし、その自然に抜けている毛が短いという場合は、要注意です!いわゆるAGA(男性型脱毛症)である可能性が高いです。

 

AGAによる薄毛は、毛が抜ける男性ホルモンが活発になり、発毛してから自然に毛が抜けるまでのサイクルが乱れてしまい、髪の毛が成長するよりも前に通常よりも早い段階で毛が抜けていってしまうために薄毛が目立ってしまいます。プロペシアなどに含まれる有効成分のフィナステリドはこの乱れた発毛サイクルを正常にする作用があり、乱れた発毛サイクルを正常にして薄毛を改善していきます。

 

一方、ミノキシジル成分はフィナステリド成分のように発毛サイクルを正常にする作用はありませんが、ミノキシジルには強力な発毛力があります。血流を良くして発毛を促す作用があることは医学的にも証明されています。

 

そのため、ミノキシジル成分とフィナステリド成分を併用することで、発毛力を強化し、髪の成長サイクルを整えることができるので、非常に効果的な育毛対策が行えます。

 

ミノキシジル成分は、プロペシアのように経口タイプとは違って、基本的には頭皮に塗布するタイプの育毛剤形式が一般的です。有名なものではリアップやロゲインなどが発売されています。

 

薄毛がすでに進行してしまっている人はミノキシジルとフィナステリドの併用を検討してみてはいかがでしょうか?