プロペシアは健康保険が適用されない

世界各国でAGA治療薬として愛用されているプロペシアですが、日本で入手するには通常病院などに通院し、医師の診察を受け処方箋をもらうのが一般的な入手方法です。しかし、プロペシアは健康保険適用外のお薬となり、薄毛治療に関する費用には、健康保険は適用されません。
理由は、AGAは病気としては認定されていますが、抜け毛自体が治療が必要な病気と認められてはないからです。したがって、診察から処方薬まで、全額自己負担となります。

 

プロペシア処方までの一般的な流れは、まず、AGA治療をしている皮膚科や病院にて医師に問診してもらいます。薄毛の原因がAGAなど、適用の症状かを診察してもらいます。問診が終われば、処方箋を発行、または病院内にてプロペシアを処方します。保険適用外の薬ですので、病院によって価格は様々です。プロペシアを処方してもらうだけの治療であっても、診察料を含めて1ヵ月平均1万円〜3万円ぐらいとなります。

 

服用して効果が実感できるまで、6カ月ほどかかります。その間継続使用する方がよいでしょう。また、服用する量を増やしたからと言って、効果が強まるといったことはありません。一定量を継続して飲み続けることで、効果を発揮します。
AGAの治療は長期にわたる場合がほとんどなので、通院による治療は、手間もかかり、経済的な負担も大きくなってしまいます。

 

そこで、プロペシアを試してみたいけど、病院への通院は、時間的にも経済的にもちょっと・・・というひとにお奨めなのが、インターネットによる個人輸入代行(通販)による、プロペシアの購入です。インターネット上には多くのプロペシア通販(個人輸入代行)業者がありますが、中には偽物を販売している悪質業者もいますので、信用ある通販(個人輸入代行)業者を利用することが、なにより重要となります。

 

 

通販及び通院のメリット・デメリット

 

■病院治療によるメリット・デメリット

メリット

・医師の診断のもと治療するので安心

デメリット

・費用が高い
・地方では専門の病院が少ない。
・長期の通院が大変。
・治療のため病院にいくのが、恥ずかしい。

 

 

■通販(個人輸入代行)によるメリット・デメリット

メリット

・費用が安い
・自宅(ネット)で簡単に入手できる。
・経済面、労力面から考えても、長期戦に向いている。

デメリット

・自己責任による治療
・副作用が出た時不安

 

 

プロペシアを利用する場合、病院治療と通販(個人輸入代行)について、それぞれのメリット・デメリットを見極め、自分に合った方法を利用しましょう!